1. ホーム
  2. 精神科と心療内科の違い

精神科と心療内科の違い

精神科と心療内科の違いについて、よく理解できていない方は多いかと思います。
どこが違うのかと疑問に感じる方も多いでしょう。

身近にそのような症状をお持ちの方がいたり、ご自身がいつそのような症状を発症するかわからないので、知っておくだけでもいざという時に参考になるかと思います。

厳密に言えば、両科には違いがあります。
しかし素人では、どちらを受診した方がいいのか判断が付きにくいのも現状です。

精神科と聞くと、偏見があったり、どこか受診しづらい雰囲気と感じる方も多いのではないでしょうか?
心療内科と聞くと、内科と付いているだけあって身近なものに感じる方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、はっきり言ってしまえば、どちらを受診しても問題はあまりありません。

判断が付かない場合やどちらを受診すれば良いのか迷った際は、どちらでも良いので早めに受診し、医師に相談する事をおすすめします。

精神科と心療内科に区別をつけるとすれば、精神科は、心の病気自体を治療します。

主に躁うつ病や統合失調症など、精神的な症状が強く現れる精神障害の治療を行います。
強い不安感や気分の落ち込み、やる気が出ず、興味のあった事にさえ関心がなくなる、不眠、イライラ、幻覚、幻聴、妄想といった症状で、目立った体の不調がない場合です。

逆に心療内科は、さまざまなストレスが原因で主に体に症状が現れた場合に治療をします。

疲労感や動悸が続く、下痢や腹痛、高血圧や喘息もその症状である場合があります。
体に異変が起きているので、最初は内科を受診するケースが多いです。
しかし調べてみると、体が問題ではないということがあります。
体には異常がないのにその後も症状が続いているといった場合は心療内科を受診する事で快復へ向かう場合があります。

症状から明らかに判断出来る場合は適切な方を受診しましょう。

心療内科は、身体的な症状の治療を兼ねているので内科医が担当する場合もありますし、症状が体と心の両方に現れている場合も多いので精神科医が担当する場合もあり、どちらの科を受診しても、ある程度の水準の治療は受けられます。
その上で、どちらの科で治療を受けた方が良いのか相談し、決めていく事も出来ます。

精神的な問題に限らず、担当医との相性などが治療の妨げになる場合もありますので、ご自身に合った担当医を見つける事も重要と言えます。

まずは異変を感じたら、早めに受診する事です。
初期段階であれば、適切な治療を受ける事で、早期に回復できる病気でもあります。

震えやしびれ、眩暈など神経系の異常が疑われる場合には神経内科という科もあり、そちらを受診した方が良い場合もあります。