うつ病の薬の良い所・悪い所|デパスとエビリファイ編

うつ病の薬の良い所・悪い所|デパスとエビリファイ編

抗うつ剤・抗不安薬・抗精神病薬

うつ病に対して効くクスリは抗うつ剤に限らず、抗不安薬や抗精神病薬などもあります。
抗うつ剤にはSSRIやSNRIといった脳内と一部分だけに選択的に作用し、その他の部分には作用しないクスリがあります。
選択的に作用するので、他のクスリと比べて、副作用の発現率も低く、安全に服用でき、治療してくことが可能となっています。
今回はSNRIに分類されるサインバルタを紹介します。
まずSNRIとは、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬のことであり、脳内の神経伝達物質である、セロトニンやノルアドレナリンが再度吸収されることを阻害し、神経伝達物質の濃度を高めることで、うつなどの症状を改善してくれるクスリです。
サインバルタというクスリがありますが、このクスリは落ち込んでしまった気分や意欲低下、集中できないなど、マイナスな心をプラスに前向きにしてくれる効果があるクスリです。
また日本ではそこまで普及していませんが、サインバルタは世界で最も処方されることが多いクスリでもあり、安全性が高いこともわかります。
次に抗不安薬である、デパスです。
デパスとは、不安を緩和してくれる効果があり、ベンゾジアゼピン系に分類され、効果も比較的強いとされています。
また万能薬ともいわれており、様々な症状に効果があるとされ、心身症や睡眠障害、頸椎症や神経症にも効果があるとされています。
ベンゾジアゼピン系のクスリは依存性が多いことが認められており、特にこのクスリは依存性が多いと言われており、長期連用や服用量には注意が必要となっています。
6時間ほどと半減期が短いことも依存性のリスクを高める要因になっています。
最後に抗精神病薬であるエビリファイといクスリですが、主に統合失調症の治療に使われるクスリとなっていますが、変わった作用をもっており、他のクスリで効果がなかった場合、エビリファイを使ってうつ病の治療を行う場合があります。
神経伝達物質である、ドーパミンに作用し、ドーパミンの量を調整してくれる働きをもっています。
うつに対して第一選択のクスリとはなりませんが、抗うつ剤の効果が不十分であった場合のみに使用されます。
他にも実際に病院で処方される抗うつ剤、抗不安剤は多々ありジェイゾロフトやレクサプロなどもあります。
うつの治療は当然、抗うつ剤が第一選択のクスリになりますが、状況や効き目によっては、こういったクスリを使う場合もあり、他の選択しもあるということは認識しておいた方がいいかと思います。

  • うつ病の治療の際に、使用されている医薬品について、またその医薬品らの主成分から、効果効能についてなども詳しくこちらのページにてご確認いただけます。

  • デパスについて、その詳しくご説明いたします。 うつ病の治療薬として使用されていることはもちろん、ほかにも様々な用途で使用されていることをお教えいたします。

  • 私たちが住むこの日本は世界的に見ても先進国であり、有数な経済大国ですが、近年では不景気などの影響か、うつ病が増加しています。ではその治療法や効果的な医薬品をご紹介します。

  • さまざまな症状に有効であり、まさに現代の万能薬と称されているそのデパスでありますが、それだけ万能薬としての効果効能を持っている反面、その副作用も存在しています。

  • うつ病のはその症状が出てきたときに、早期発見、早期治療を行うことがとても大切です。しかし副作用も強いので、デパスを服用する際はその服用方法はしっかり守ることが大切です。